タイ・ネイチャリング

 皆様に 2009年から6年間お世話になってきた私のこのブログ『タイ・ネイチャリング』は、事情により、2015年8月12日から『Naturing Thailand』( http://naturingthailand.blog.jp/ )に引っ越しました。すベての過去記事、過去のコメントなどはそのままご覧いただけます。引き続き、新アドレスのブログもご覧いただければ幸いです。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホソバジャコウアゲハ(Losaria coon) in Chantaburi 2015

2015年07月10日(金)
 今日は、チャンタブリ県でやはり先月撮影した、
ホソバジャコウアゲハ(Losaria coon doubledayi , CN:Common Cluubtail)
です。

 タイ南部では、ごく普通のジャコウアゲハのようですが、大陸部(インドシナ半島部)タイでは、北部のプレー県、カオヤイ山地、そしてここチャンタブリ県と点在していて、数もあまり多くないようです。
 私がかなりの回数通ったカオヤイ国立公園でも、ごく限られた場所でほんの1、2回見かけたことがあるだけです。
 しかし、ここチャンタブリ県は大陸部としては多いようで、5月に ハイイロワモンチョウ(S.cambodia)を撮影した時も、クリークの上空をヒョコヒョコ飛んでいましたし、今日お写真を撮影した時は渓流沿いのトレイル上を、やはりベニモンアゲハと同じような熱帯ジャコウアゲハ独特のチョコチョコ翅を動かして、ゆっくり飛ぶ姿を何頭か見ることができました。
 ベニモンアゲハなどでもそうですが、吸蜜や吸水にでも降りないとゆっくり飛ぶので動きは眼で十分追えるのですがなかなか止まってくれません。
 でもこの日は、お天気悪かったせいなのか、何度も葉上に止まってくれました。


<20Jun'2015, Chantaburi> 以下同左










== == << << 続きを読む >> >> == ==

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/10(金) 17:20:12|
  2. ジャコウアゲハ族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アダムソーニミヤマベニモンアゲハ in Kaeng Krachan NP 2014

2014年06月12日(木)
 昨日の記事で紹介したチェンマイで撮影したB.adamsoniは、やけに後翅中央の紋が赤かったと書きました。
 今日は、比較のために今年Kaeng Krachan国立公園で撮影したB.adamsoniの写真を紹介します。

 今月の初めに、Kaeng Krachan国立公園のいつものクリークの岸で吸水していた個体です。
 後翅中央の紋は、一番下が赤い以外は、たいてい極薄いピンクか白です。


<01May’2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左

















**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/12(木) 17:20:25|
  2. ジャコウアゲハ族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アダムソーニミヤマベニモンアゲハ in Chiang Mai 2014

2014年06月11日(水)
 今日は、一昨日の記事の、黒い翅に赤い紋のアゲハチョウたちの吸水集団の中でもっとも小型だった、
アダムソーニミヤマベニモン(タイジャコウアゲハ)(Byasa adamsoni adamsoni, CN:Adamson's Rose)
です。

 他のタイ産ジャコウアゲハがタイ北部にしかいないのと異なり、局所的ですがほぼタイ全土に生育しています。
 この日も、タイ北部でしか見られない他のジャコウアゲハを撮影していたら、案内してくれたIさんが「この子やけに赤い」。
 確かに行ってみると、他の山地で見たことのあるB.adamsoniに比べ、後翅中央の普通は極薄いピンクの紋が、かなり赤く見えました。


<13May'2014, Chiang Mai> 以下同左








 右のかなり大きいアゲハはオオベニモンアゲハ。



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/11(水) 17:20:10|
  2. ジャコウアゲハ族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオベニモンアゲハ in Chiang Mai 2014

2014年06月10日(火)
 今日は、昨日の記事の吸水集団の中で数が多かった、
オオベニモンアゲハ(Byasa polyeuctes polyeuctes, CN:Common Windmill)
です。

 昨日の子にそっくりですが、後翅の白い紋が昨日の子は2つ、こちらは1つです。

 生育地は今日のB.polyeuctesのほうが標高が高いところで、昨日のB.dasaradaがそれより低いところと言われます。
 撮影した日は仲良く同じ集団で給水していましたから、撮影した標高500mちょっとのところがその標高の境界近くなのかもしれません。


<13May2014, Chiang Mai> 以下同左
 右奥は、昨日のB.dasarada。




 右隣は、明日紹介のB.adamsoni。







== == << << 続きを読む >> >> == ==

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/10(火) 17:20:11|
  2. ジャコウアゲハ族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイの昆虫、動植物などの自然、遺跡、仏像、風景などを写真で紹介します。

Facebookページ

Facebookページを作りました。 気に入ったら、「いいね!」ボタンをクリックして下さい。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。