ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナジロコノハズク その2 in Petchaburi

2013年05月07日(火)
 昨日の写真を撮影した3日後の May Day 。
 私の会社は休みにしていたので、いつものようにペブリ県の山岳地帯の国立公園に。

 朝9時に昨日の写真を撮ったところに着くと、この日も同じ枝に停まっていました。
 夜から明け方にかけて、狩りをした後に、キチンと同じ枝に戻って来てるんでしょうね。

 昨日の写真は328に1.7倍テレコン。
 今日の写真は、70200F4+SB900をD800のクロップで撮影してみました。
 
 ほぼ真上を撮影するので、三脚を使うといっても、今日の写真の方が少しは楽でした。

 昨日も今日も、同じ枝の同じところで休んでいる子達を撮影なので、同じ写真ばかりでゴメンナサイ。

801_7885.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>

801_7893.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>

801_7902.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>

801_7913.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>

801_7922.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>

801_7942.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800, SB-900>



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/07(火) 17:20:06|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナジロコノハズク in petchaburi

2013年05月06日(月)
 今日は、
ハナジロコノハズク(Otus sagittatus、英名:White fronted Scops Owl)
です。

 レッドデータブックに収載の絶滅危惧種で、マレー半島の中央山地から、半島付け根から北タイに至るタイ-ビルマ国境山地にしかいない希少種のコノハズクですが、私がここ数年良く蝶を撮影に出かけるペブリ県の山岳地帯の国立公園の、ほんの数キロの範囲がこの子たちによく会える場所として、タイだけではなく日本でも東南アジアに興味のあるバーダー達の間で知られてしまっています。
 
 特に今年は、すっかり日本のバーダーにも有名になってしまったようです。
 試しにこの記事を書きながら和名でググったら、直ぐに7~8人の日本人の方のBlogやHPがヒットし、今年1~4月に撮影されたこの子たちの写真がUPされていました。

 2007年にthaibirding.comがその記事中でかなり詳細な地図付きで紹介してから、タイや東南アジアのバーダーに有名になりました。
 今は記事中の地図は閲覧できなくなっていますが、同じ地図の画像はネット上で簡単に見ることができるようになっているので、どうしようもないですね。
 さらに、2011年から今日紹介の2羽が、まさに私が撮影した場所で見られるようになってからは、またジャングルの中と言っても道路からすぐなので、たくさんのバーダーやその他行楽客を集めてしまっています。
 この件も、地図付ではないですがthaibirding.comが詳細な位置を記事の中で書いてくれちゃってますね。

 今では、道路からジャングルの中まで、獣道ならぬバーダー路がができてしまっており、三脚と長玉を抱えた人たちが入っていくので、知らない人にも何かいるのが一目瞭然になってしまいました。

 特に、可愛いギンムネヒロハシやクロエリヒタキが巣を作る今頃は、この子たちを見ることができる場所の周囲は、土日になると車を止める場所に困るような状況になっています。
 一番困るのは、この場所が蝶の撮影にもとっても大切な場所の近くで、今まで数々の珍しい蝶を撮影出来た場所の近くだということです。

 自分勝手ですが、この子たちがどこか人が近寄れないようなところに移動して、一切人に見つからないように暮らしてくれるたらなあと切に望んでいます。

3S5_1294.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1307.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1317.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1324.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1327.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1331.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1333.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1335.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1355.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1366.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 

3S5_1388.jpg
<28Apr'2013, Petchaburi, D3S> 




**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/06(月) 17:20:34|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンムリワシ その3

2012年02月20日(月)
 今日は、久しぶりに、
カンムリワシ(Spilornis cheela、英名:Crested Serpent Eagle)
です。

 私の行くフィールドには一年中いるはずなのですが、撮影機会は毎回寒季の間になっています。
 偶然なのか、それともこの時期に人の入り易いところに現われる確率が高いのかは良く分かりません。

 ワシ・タカ類の中ではずんぐりむっくりですが、なかなか好きな鳥の一つです。

過去のカンムリワシの記事 その1
過去のカンムリワシの記事 その2

110116_3S0_2223.jpg
<11/01/23 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

110116_3S0_2237.jpg
<11/01/23 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

110116_3S0_2239.jpg
<11/01/23 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6497.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6506.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6507.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6508.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6509.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6513.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_6514.jpg
<12/01/02 サラブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/20(月) 17:20:20|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンムリワシ その2

2010年01月06日(水)
一昨日、2日出勤の代休を取って、昨日のカンムリワシを撮影したペブリ県の国立公園に行ってきました。
この日もちゃんとカンムリワシ君は居ました。

ただ、昨日紹介の個体とは違いますね。

今日はこの子の飛び立つところと大空の雄姿です。
逆光にならない木の上に停まっているのを見つけました。
見ていると、身を乗り出す飛び立つ前の仕草を何度かしていました。
これは飛び立つぞと思い、視野の右端にワシを置いてカメラを構えました。
身を乗り出す度に連射をスタートし、3度目の連射で飛び立ってくれました。

Exif情報の詳細が必要な方は、ニコンオンラインギャラリー(NOG)-カンムリワシにてご確認ください。
ただしNOGではD300などのAPS-Cフォーマットでは焦点距離は35mmフォーマットに換算されて表示されます。

DX3_1470.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1471.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1472.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1473.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1474.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1475.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1476.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1477.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1481.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>

DX3_1482.jpg
<10/01/04撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G×1.7>



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/06(水) 18:36:25|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。