ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糞虫・・・・

2015年01月04日(日)
 新年からバッチイ記事でごめんなさい。
 昨日の記事でフタオチョウ達が集まっていた獣糞を、午後の下山途中で見に行ったら相変わらずチビフタオチョウとチャイロフタオチョウが十頭以上集まって吸汁中。
 
 ふと近くを見ると直径2cm弱の球が動いていました。

 糞虫の名前は、
Gymnopleurus aethiops
かなと思いますが、よく分りません。

 写真を見ればお分かりかと思いますが、大変なところで糞球を運んでいました。
 何もこんな石や木の根や枯れ枝があるところの糞を狙わなくても、公園じゅう糞だらけですから、もっと利用しやすい糞があるだろうにと思いましたが、糞虫君は必死に運んでいました。 


<01Jun’2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左












 

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/04(日) 17:20:15|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フサヒゲミドリオビカミキリ in Kaeng Krachan NP 2014

2014年08月21日(木)
 今日は、Kaeng Krachan 国立公園で撮影できた、
フサヒゲミドリオビカミキリ(Diastocera wallichi tonkinensis)
です。

 今月初めに、触角に房髭を1か所だけ付けたキンモンフサヒゲカミキリを紹介しましたが、こちらは片側の触角一本に3か所房髭を付けています。

 体長は30㎜強。
 触角の髭だけでなく、赤いお腹、光の角度でいろいろな色に見える鞘翅など、見ていて飽きないカミキリムシでした。


<26Jul'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左














 続きを読む

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/21(木) 17:20:28|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Euryphagus lundii (カミキリムシ) in Khao Yai 2014

2014年08月05日(火)
 今日はカオヤイ国立公園で撮影した、鮮やかな赤いカミキリムシ、
Euryphagus lundii
です。

 3cm弱の小型のカミキリ。 
 図鑑の標本写真の色ではこの色出ないようで、最初色で探したのでなかなか見つかりませんでした。
 標本写真は鮮やかさが抜けてオレンジっぽい色になっています。

 いつものように、同行した『タイの自然と風景2』のカオヤイさん が見つけてくれました。


<04May'2014, Khao Yai NP> 以下同左

















**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/05(火) 17:20:02|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスリドウボソカミキリ in Khao Yai NP 2014

2014年08月04日(月)
 今日は、カオヤイ国立公園の旧タイワンヒメシジミ広場で撮影した、
カスリドウボソカミキリ(Pothyne variegata)
です。

 何度かサラブリやカオヤイで出会っていますが、今日の子はそれまで会ったことのある20~25㎜ほどの子たちと違い35mmほどの大きな子。
 『絣(かすり)』の名前の通り、絹絣のような模様をちりばめた綺麗なカミキリです。
 細い枝に、触覚も真直ぐ伸ばしてべたっと抱き着いていたので、見逃すところでした。

 日本の南西諸島にもいて、生育する島によって4亜種がいるらしい。
 トカラ、奄美、徳之島のカスリ、沖縄のオキナワカスリ、沖永良部のエラブカスリ、八重山のヤエヤマカスリとちょっとずつ色合や文様も違うらしく、興味が湧きます。
 ただ、今回カオヤイで会えたような大物はおらず、20㎜前後の大きさらしいですね。


<07Jun'2014, Khao Yai NP> 以下同左








 

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/04(月) 17:20:05|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。