タイ・ネイチャリング

 皆様に 2009年から6年間お世話になってきた私のこのブログ『タイ・ネイチャリング』は、事情により、2015年8月12日から『Naturing Thailand』( http://naturingthailand.blog.jp/ )に引っ越しました。すベての過去記事、過去のコメントなどはそのままご覧いただけます。引き続き、新アドレスのブログもご覧いただければ幸いです。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マルバネルリワモンチョウ ‐ ジャノメチョウ、ワモンチョウその4

2010年05月31日(月)
 今日は、
マルバネルリワモンチョウ(Thaumantis diores splendens)
です。

 ペブリ県の山岳地帯の国立公園内を流れるプランブリ川の源流。
 乾期でも涸れず、その周囲は熱帯性の常緑樹林が覆っています。
 昼なお暗い小川の流れる森の中の緑のトンネルをスィースィーと怪しい青が飛んでいくのを2回ほど見かけました。
 それが、このワモンチョウでした。

 撮影した日は、この小川の岸辺にリスかサイチョウが食べ散らかしたのか、黄色い木の実とその皮が散乱していました。
 その匂いに誘われたのか、この日はこのワモンチョウの他に2種類のワモンチョウとオオイナズマなどのイナズマチョウの仲間がこの場所にやって来ました。

 どの写真も鮮明ではありませんが、周りの暗さと鮮やかな青色の雰囲気が伝わっているでしょうか。
 実際飛んでいる姿も、真っ暗な中を青色だけが空中を飛んでいるといった感じでした。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐マルバネルリワモンチョウでご確認ください。
DX3_7106.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>
欠けた翅の間から鮮やかな青色が僅かに見えます。

DX3_7113.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_7121.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_7159.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_7171.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_7200.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_7253.jpg
<10/04/14撮影 ペブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>
同じ場所にやって来た別の個体です。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/31(月) 17:58:01|
  2. ジャノメ、ワモンチョウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメクロモンコノハワモンとmasoniトガリバワモンチョウ ‐ ジャノメチョウ、ワモンチョウその3

2010年05月29日(土)
 今日は、ワモンチョウの仲間です。

 ワモンチョウは熱帯東南アジアを中心に分布する蝶の仲間で、びっくりするような鮮やかな青い構造色を持った仲間や翅裏に目玉模様を持った仲間など、ほかの蝶とかなり違って不思議な蝶たちです。
 活動する場所や時間も、森深くの暗い谷間や早朝や夕方とあまり太陽が好きではないんですね。

 今日紹介のコノハワモンとトガリバワモンチョウの仲間もそうした暗い森の中でストロボを使って撮影しました。

 さて、今日紹介の蝶は
ヒメクロモンコノハワモン(Discophora sondaica zal)

masoniトガリバワモンチョウ(Zeuxidia masoni)
です。

 ヒメクロモンコノハワモンは雨季にサラブリ県の滝のある国立公園の滝の手前の濡れてコケが生えた岩に停まったところを撮影しました。
 ほとんど真っ暗な中を結構なスピードで飛んできたなと思ったら、停まってくれました。
 閉じた翅の裏面が薄っすらと紫を帯びて不思議な色合いと紋様でした。

 masoniトガリバワモンチョウはカオヤイ国立公園のラムタコーン川沿いの森で撮影しました。
 近くにたくさんの赤い実を着けるセンダン科の木があって、サイチョウやクロオオリス、シロテテナガザルなどによく会えるところです。
 川に近いので、森の地面にはゾウの糞もたくさんありました。
 この蝶のオスの翅の表はきれいな青紫色をしていて、飛んでいるときは薄暗い中で鮮やかな青紫が目立っていたのですが、残念ながら他のワモンチョウの仲間と同じく停まったときは翅を開いてくれませんでした。
 オスは、翅の裏も今日最初のヒメクロモンコノハワモンと同じく薄い紫を帯びていました。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐コノハワモン、トガリバワモンチョウの仲間でご確認ください。

DX1_3978.jpg
<09/08/23撮影 サラブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>
ヒメクロモンコノハワモンのオスです。
翅の裏面の一部が薄っすらと紫色を帯びて不思議な色合いです。
とっても暗いところを飛んできて停まりました。

FX1_7913.jpg
<10/03/20撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>
masoniトガリバワモンチョウのオスです。
翅の欠けた部分から表面の濃い青紫色がちらっと見えますね。
翅の裏面も全体に紫色を帯びていました。
この子も、薄暗い所をメスと一緒に飛んだり停まったりしていました。

FX1_7910.jpg
<10/03/20撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 >
masoniトガリバワモンチョウのメスです。
オスと異なり翅の表面も裏面も全体的に焦げ茶色でした。
この1枚だけが、木漏れ日が当たるところでストロボなしで撮れました。
 

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/29(土) 17:47:16|
  2. ジャノメ、ワモンチョウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダルリサマダラジャノメ ‐ ジャノメチョウ、ワモンチョウその2

2010年05月28日(金)
 今日は、
ダルリサマダラジャノメ(Penthema darlisa mimetica, CN:The Blue Kaise)
です。

 たぶんメスですね。
 先日、昆虫写真家の海野和夫さんのBlog「小諸日記」のラオスで撮影されたダルリサマダラジャノメを見て、どこかで撮った気がすると探してみたらありました。

 ただ、前翅表面は海野さんが撮られた個体のように青みが無く、白い斑紋が薄らと紫が乗っているぐらいです。
 この個体はメスでしょうか。
 私が持っている図鑑でも、ネット検索でもよくわかりませんでした。

 そのうち、これを撮った時のことを思い出しました。
 確か、はじめは飛んでいたので、ずいぶん大きなツマムラサキマダラのオスだと思って通り過ぎようとしたら、獣糞に停まって翅を広げたので、アレッ違うと気づいたんですね。
 
 でも、その後名前が良く分からないし、あまり派手でもなかったのでそのままになっていました。
 
 タイ中部のカオヤイ国立公園内の最高峰カオ・キァオ山のの山頂のタイ空軍のレーダーサイト入り口から少し下った道路脇で撮影しました。

 Exifが必要な方は、フォト蔵‐ダルリサマダラジャノメでご確認ください。
 
DDX_9495.jpg
<09/07/01撮影 カオヤイNP D300 APO DG OS120-400mm>

DDX_9508.jpg
<09/07/01撮影 カオヤイNP D300 APO DG OS120-400mm>

DDX_9509.jpg
<09/07/01撮影 カオヤイNP D300 APO DG OS120-400mm>

DDX_9515.jpg
<09/07/01撮影 カオヤイNP D300 APO DG OS120-400mm>

DDX_9516.jpg
<09/07/01撮影 カオヤイNP D300 APO DG OS120-400mm>



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/28(金) 17:44:17|
  2. ジャノメ、ワモンチョウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メスアカルリモンジャノメ ‐ ジャノメチョウ、ワモンチョウその1

2010年05月27日(木)
 今日は、
・メスアカルリモンジャノメ(Elymnias hypermnestra meridionalis)
です。

 よく日の当たる林の縁などで見かけるのですが、 全くと言って良いほど翅を開いて止まってくれません。

 仕方がないので、あまりよい写真がありませんが飛んでいるところを撮った写真でオスの紫色の紋が見える写真をUPします。
 最後の写真は、スジグロカバマダラに擬態したメスの翅を閉じた写真です。
 せっかくスジグロカバマダラに擬態したメスが飛んでいるのに出会ったのですが、結構長い間追い回して結局翅の表の模様が分かる写真が撮れませんでした。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐メスアカルリモンジャノメでご確認ください。

DX1_1144.jpg
<09/08/01撮影 サラブリ県 D300 APO DG OS120-400mm>

DX1_1543.jpg
<09/08/01撮影 サラブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

DX1_1550.jpg
<09/08/01撮影 サラブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>


DX1_1554.jpg
<09/08/01撮影 サラブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

DX3_2462.jpg
<10/01/24撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_2466.jpg
<10/01/24撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_2468.jpg
<10/01/24撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

DX3_2469.jpg
<10/01/24撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

CIMG5764.jpg
<10/04/13撮影 カオヤイNP EX=FH25 HSパスト連射>

CIMG5804.jpg
<10/04/13撮影 カオヤイNP EX=FH25 HSパスト連射>

FX1_2819.jpg
<09/08/23撮影 サラブリ県 D700 VR 70-300mm F/4.5-5.6G>
スジグロカバマダラに擬態したメスです。
残念ながら翅の表の模様のわかる写真は撮れませんでした。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン


関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/27(木) 18:07:51|
  2. ジャノメ、ワモンチョウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイの昆虫、動植物などの自然、遺跡、仏像、風景などを写真で紹介します。

Facebookページ

Facebookページを作りました。 気に入ったら、「いいね!」ボタンをクリックして下さい。

最新記事

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。