ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

タイワンイチモンジ(オス)その2 - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その4-2

2011年10月31日(月)
 昨日、タイ政府は洪水危機は終息に向かいつつあるとして、10月31日までの公休日を延長しないとしました。
 28~30日の大潮はバンコク中心部を冠水させることなく、やり過ごせました。
 しかし、これから数日はアユタヤ、バンコク北部を水没させた大量の水が南下してきます。

 という状況ですが、昨日は一昨日夕の満潮で都心部に大きな変化が無かったことから、カオヤイ国立公園に行ってきました。
DX5_2305.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D300 Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>
 カオヤイは朝は秋晴れの快晴で、下界の洪水忘れてしまいます。

DX5_2342.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D300 Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>
 午後なので少し雲が出てきましたが、午後になったら日差しは強いくらいになりました。

 気温は結構低く25度以下。 
 風が涼しくとてもさわやかでした。
 山はすでに乾期に入って10日余り。
 山中の谷川の水も今月初めに比べ目立って減って来ていました。
 雲にいつも覆われるカオキァオの森は主に熱帯常緑林ですが、少し下がったところは、サラブリなどと同じく乾燥落葉林で、気温を考えないで見るとまるで日本の山が紅葉後葉を落とし始めたころのような状況で、特に落葉性フタバガキの仲間などは、結構葉を落とし始めて居ました。
 紅葉する木も何種類かあるようです。

 先週は、公園内を通過するだけの車以外は入場料が通常通り徴収されていましたが、先週末から公園入り口のゲートはオープンにされ、通過だけかどうかのいかんに関わらず入場はフリーになっていました。
 やはりバンコクのある南方のプラチンブリ側から上がってくる車が多かったです。

---------------------------------------------------
 本題です。

 昨日の続きで、タイワンイチモンジのオスです。

 先週の週末、カオヤイ国立公園に出かけたら、それ程見かける機会の多くないタイワンイチモンジのオスを何頭も見かけました。
 中には、獣糞に2~3頭集まっているのも見かけました。

 今日はそのうちの4個体の写真をUPします。
 どの個体もやはり、前翅の翅端のスポットは白でした。

3S2_0740.jpg
<11/10/22撮影 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3S2_0821.jpg
<11/10/23撮影 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3S2_0816.jpg
<11/10/23撮影 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

FX3_9136.jpg
<11/10/23撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/31(月) 17:20:40|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイワンイチモンジ(オス)その1 - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その4-1

2011年10月30日(日)
 今日も、日本人の方が多く住んだり、勤務先の事務所などが多くある、バンラック区、サトーン区、パトゥムワン区、クロントゥーイ区、ワッタナ区などの俗にバンコク都の商業、経済的中心地と言われる区域については、特に昨日と変わらず、ほとんど冠水被害は起こっていません。

 スクンビット通りの日本人が多く住む地区の東側のプラカノン運河のある地区は3日連続で運河の水があふれて冠水し、日本のTVなどでは日本人居住区に水迫ると、不安を煽っているようですが、もともとプラカノン運河はチャオプラヤー川に直結した入江のような運河で、備えが甘いのは昔からで想定済みの冠水でした。
 このように、バンコクでも商業、経済の中心地区は全く冠水せず大型のショッピングモールやデパートは普段通り営業。 もう、12月から始まる街じゅうあげてのイルミネーションの準備を始めているところもあります。

 また、昨日国営テレビを通じてインラック首相は、「運河やポンプによる排水が奏功し、バンコクに大量の水が流れ込む危険が小さくなったと説明。「この状況が続けば、バンコクの洪水は11月第1週に引き始める」との見通しを示しました。
 このインラック首相の発言もバンコクを商業、経済的な中心地を頭に描いてのことだと思いますが、すでにバンコクの1/3が冠水、ひどいところでは2m近くも冠水しています。
 我々の住む所や働くところが無事なのは、ありがたいことですが、それも多くの現地の他たたちの犠牲の上、つまりそこを助けるために水を流されたという犠牲の上に成り立っていると思うと複雑な気持ちです。

================================== 

 今日は、
タイワンイチモンジ(Athyma cama cama、英名:The Orange Staff Sergeant)
オス
です。

 昨日のヤエヤマイチモンジにそっくりですが、「一」の字の両端の白点が台形で他の部分より大きくなっています。
 前翅端に小さなスポットがあり、私が過去にカオヤイ国立公園で撮影した2頭と今日の2頭はこのスポットが白くなっています。
 どの図鑑もどの蝶の写真集でもこのスポットはオレンジ色になっているのですが、なぜかカオヤイ国立公園内で出会った個体はみんなこのスポットが白でした。 スポットの輪郭部分にごくわずかにオレンジ色が出ている個体もありましたが、基本的に白でした。
 このスポットがオレンジ色になっているのが A.cama の特徴と記載されている方もいますが、この狭い地域だけの地域変異でしょうか。

・過去のタイワンイチモンジの記事
  タイワンイチモンジの♂とヤエヤマイチモンジ♀ - イチモンジチョウ亜科その9
  タイワンイチモンジ in Khao Yai その2
 
1枚目と2枚目が同じ個体、3枚目は別の個体です。
3S2_0194.jpg
<11/10/09撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_0266.jpg
<11/10/09撮影 カオヤイNP D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

 3S2_0102.jpg
<11/10/09撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

続きを読む

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン

関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/30(日) 17:20:37|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤエヤマイチモンジ(オス) - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その3

2011年10月29日(土)
 洪水に被災されているたくさんのタイ人の方たちには申し訳ないのですが、この記事の読者の大半は日本人の方だと思います。
 そこで、あくまで日本人の方が多く住んだり、勤務先の事務所などが多くある、バンラック区、サトーン区、パトゥムワン区、クロントゥーイ区、ワッタナ区などの俗にバンコク都の商業的中心地と言われる区域についてのみ洪水情報を発信していきます。
 今日現在でも洪水被害がまだほとんど無い区域で、すでに多くの方が被災されているタイ人の方が多く住む地域とはかなり状況が違っています。
 以上のような理由で、このBlogで発信される洪水状況は、バンコク全体、タイ中部全体とかなり異なった状況になることをお断りしておきます。
 重ね重ね、すでに被災された地域の皆さんには申し訳ありません。

 今日のバンコクは、秋晴れともいえる天気で朝は青空が広がっていました。
 昨夜から、今日の9時9分がチャオプラヤー川の水位が最も高くなり警戒が必要と言われていましたが、上記区域のラマⅠ世通り、プロンチット通り、スクンビット通りとそこに続くソイ(路地)では冠水はありませんでした。
 9時9分直後の、チャオプラヤー川が巾着型に蛇行するプラパデーン地区の対岸のラマⅣ世通りに最も近くなるクロントゥーイ船着き場周辺は冠水しておらず、水位にまだ10~20cmの余裕がありました。
 以下友人が撮影。
IMAG0184.jpg

IMAG0185.jpg

 さらに、上記地区の北側ぺブリ通りと平行に走るセンセープ運河ですが、先ほど見に行った限りではパトゥーナム近辺はまだ水位に余裕があり、水上バスも普通に運行されていました。(以下私が撮影)
2011-10-29 13.47.15

2011-10-29 13.46.26

 今日、クロントゥーイ船着き場の水の様子を見た感じでは、今夕と明朝の満潮も乗り切ってくれそうな気がしますが、予断は許せない状況であることは変わりありませんし、この地区で水が出ないということは他の地区に水が流れて行っているということで複雑ですね。

 都心の伊勢丹、グルメマート(パラゴン)、セントラルフードホール(CWPおよびセントラルチットロム)、富士スーパー1,2号店、マックスバリューなどを見ると、数日前までと異なり、生産工場が被災してどうしても供給できないボトル入り飲料水を除いて、生鮮野菜なども含めて十分な物資が売られていました。
 飲料水も輸入品のエヴィアンなどは十分あり、タイとしては高いですがそれでも日本よりはずっと安く売られていますので、この地区の人たちには問題ないでしょうね。
 やはり、買い置きが一段落したのと、バンコク脱出した人が多く、今日は極端に客が少ない状態でしたので物資が十分回るようになったのでしょうね。

==============================
 本題です

 今日は、
ヤエヤマイチモンジ(Athyma selenophora bahula、英名:The Staff Sergeant)
オスです。

 一昨日のシンゲツイチモンジが白い「一」の字だけで、地味だったのに較べ、前翅前年近くの矢印「→」模様が赤くなっています。
 この赤い矢印さらに前縁側の筋は光の当たり具合で青緑の金属光沢を放ちます。
3S2_0442.jpg
<11/10/10撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 前翅前縁のすぐ内側が青緑になっているのが分かるでしょうか。

3S2_0443.jpg
<11/10/10撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S2_0445.jpg
<11/10/10撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

 「一」字の両端の白点は三角で、端から2番目の白点より小さくなっています。
 赤い矢印のおかげで精悍な雰囲気がします。

昨年のサラブリ県のヤエヤマイチモンジの記事

3S1_9869.jpg
<11/10/09撮影 カオヤイNP D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

FX3_8617.jpg
<11/10/09撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

続きを読む

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン

関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/29(土) 17:20:58|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンゲツイチモンジ (メス) - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その2

2011年10月28日(金)
 今日、今夕の大潮を待たずに、日本人が多く住むスクンビット地区でプラカノン運河の堤防が決壊し、ソイ(路地)50~54にかけて浸水が始まりました。 
 堤防を修復して午後には収まったようですが、都心に近いところでは最初の大騒ぎでした。
 今夕の満潮と明日朝の大潮には、確実に川から水があふれると言われており、その水がどこまで来るのかが焦点になっています。
 明日は、珍しく自宅で推移を見守りたいと思います。

==================================================================
 先ほど(タイ時間7時過ぎ)にバンコクと知事が会見し、チャオプラヤ川の今夕(28日)の水位は予想を下回ったとする一方、29日には水位が堤防の高さ(2・5メートル)を上回る2・6メートルに達する可能性があると指摘、改めて警戒を呼びかけた。
 ということで、今夜の都心の浸水は免れたようで、次は明日朝の満潮時が危険のようです。

==================================================================

 今日は、昨日のシンゲツイチモンジのメスです。
 
 イチモンジチョウのメスに出会う時は、オスのように地面ではなく、吸蜜や葉上に停まって翅を開いたシーンが多いです。
 このメスも日の当たる葉上で翅を開いていました。

 Athyma属のオスはイチモンジチョウという名が付いているように、翅表に白くて太い立派な「一」の字を描いていますが、メスはオスと色合いも模様も異なって、ミスジチョウやキミスジに似た色合いと模様になるものが居て、パッと見ただけではイチモンジチョウのメスと気づかない種が結構あります。
 今日のシンゲツイチモンジのメスもミスジ模様で帯(筋)の色はは黄色とオスとずいぶん違いますね。

 10月9日と10月22日にカオヤイ国立公園内の同じ場所で撮影しましたが、家に帰って画像を見ると翅の傷が全く一緒。 同じ固体でした。

3S2_0705.jpg
<11/10/22撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3S2_0692.jpg
<11/10/22撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

続きを読む

**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン

関連記事

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/28(金) 17:20:36|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

Facebookページ

Facebookページを作りました。 気に入ったら、「いいね!」ボタンをクリックして下さい。

最新記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード