ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テナガオサゾウムシ in Saraburi その1

2012年09月16日(日)
 今日は、
テナガオサゾウムシ(Cyrtotrachelus buqueti、英名: The Long-armed palm weevil)
です。

 先月、お盆休みにカオヤ国立公園に九州から来ていたSさんのカオヤイ最終日、キシタアゲハは何度か見かけたものの撮影できなったというので、雨季になると朝夕キシタアゲハが産卵に集まるサラブリ県の繁殖地へ早めに下山しました。
 しかし、小雨模様で天気が悪くキシタアゲハの姿は見えません。
 せっかく、サラブリ側に下山したので、もう夕方でしたがその日のカオヤイの入場券でそのまま入れる滝のある国立公園に寄りました。

 そこで、見かけたのがこの子達です。
 最初に見かけた子が、なんと口吻を除いて50mm前後のオス。
 口吻も入れると60mmを越えていました。
 初めは、口吻を筍の伸びた幹に開けた穴に根元近くまで突っ込んでいて、長い前脚だけが目立っていて、まるでスリムなテナガコガネのようでした。
 そのうち、口吻を抜き出したところでゾウムシと分かって、二人でまた興奮。
 他にも交尾中のものなど居ましたが、他の個体は30~40mmの大きさでした。
 鞘翅の色と模様は、黒一色か、樺色一色で筋が入っています。
 前胸の色と模様は黒一色、樺色一色に、樺色地に中央に黒模様などいろいろです。
 したがって、全身黒色、全身薄い樺色もいました。多いのは鞘翅が黒で前胸が樺色あるいは樺色地に黒い模様でした。 

 ただ、もう暗かったのと、けっこう敏感で飛んでいってしまうので交尾中のカップルもいくつか居ましたが、私はあまり上手くは撮影できませんでした。
 1cm前後の小さなゾウムシやオサゾウムシは擬死行動をして危険を避けますが、これだけ大きいとそんな必要も無く力強く飛んで言っちゃうだけなんですね。
 どこかで読んだ覚えがあるのですが、確かに口吻を突き出して飛ぶ姿はまさしく「蚊の怪獣」版でした。

 樹液を吸っていたのは決まって、まもなく枝葉を広げ始めますといった感じの筍が伸びきった状態のところで、甘い樹液がでるのか、ツムギアリやハナムグリ、ヘリカメムシ、メスアカルリモンジャノメなども、この子達が開けた穴の周りに集まってきていました。
 撮影しようと近寄ってはツムギアリに何箇所も噛付かれてしまいました。

 その後、公園近くにある私の勤務先の工場の従業員の情報などももらって、翌週の日曜日に再出撃。
 また、この日も一頭だけ大物のオスがいた他にも何頭かいました。

 早速、「タイの自然と風景2」のカオヤイさんにも報告。
 その週の週末にはカオヤイさんとカオヤイ国立公園の帰りに寄りました。
 強烈にオシッコを飛ばしたり、飛び去る動画をこの日撮影しました。
 動画などは、明日の「その2」をお楽しみに。

 今日は、50mmを超えていた大物のオスの写真を中心に紹介します。
800_1063.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>

800_1018.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>
 捕まえたメスを、ソフトに押さえるためか、引っかけて逃がさないためか、前脚の内側には細かい毛がブラシのようにびっしり生えています。

800_1082.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>

800_1090.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>
 オスは、本当に長い前脚をもっていますね。

800_1399.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>
 メスの穿孔ドリルのような口吻です。
 先のドリルの刃、途中にさらに穴の内側を児するためのように見える小さな突起が付いています。
 樹液は甘いようで、ここではツムギアリがびっしりたかっていました。
 撮影のためにうっかり近寄って、首の回りや背中に噛みつかれて痛いのなんの。

800_1417.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>
 上がオスで、下がメスです。
 前脚の長さの違いが良く分かります。

800_1365.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>
 下が、黒一色のメスです。
 黒一色の個体は、3回で十数頭見た中ではこの一頭だけでした。

DX6_0464.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D300>
 まさに交尾の瞬間です。
 上になった、オスのお尻の先が、下に曲がって、メスの下腹とくっついています。

800_1203.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>

800_1263.jpg
<Aug 2012, Sarburi, D800>


 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐テナガオサゾウムシ in saraburi にてご確認ください。

関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/16(日) 17:20:17|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テナガオサゾウムシ in Saraburi その2 | ホーム | シロコフキコガネ in Khao Yai>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1015-ad0bffa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。