ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カニクイマングース

2013年05月20日(月)
 昨日は、結局かなり時間はかかりましたが無事に車で自宅マンションまで帰れました。
 追悼集会の中心地ラチャプラソン交差点に最も近い私の住むマンションのある路地は、さすがに追悼式に参加する人やその人たちの移動の自家用車、大型バスなどで一杯で、ラチャダムリ通りを北上してはたどり着けなかったし、もともと昼から通行を止めていたようでした。
 幸い、その隣の路地に入ることができましたので、そこから別のマンションの駐車の中を移動させてもらい、私のマンションの前に抜け出てという、ウルトラCで帰りましたが、大半の方は車で外出しなかったようでした。
 追悼集会自体は、整然と行われたようです。
 夜半、小雨の中物悲しい男声のバラードが流れクライマックス。
 100人弱の方が亡くなった、軍による強制排除を思い出してしまいました。
 二度と軍による強制排除や夜間外出禁止令の発令などが行われないことを望みます。

-----------------------------------------------
 
 本題です。
 いつも、蝶の撮影に行くペブリ県の山岳地帯の国立公園。
 広さは日本の香川県より広く、国境をまたいだミャンマー側も国立公園になっており、広大な熱帯常緑林が広がっています。
 
 野生動物も多く、普段蝶の撮影をしてい開けた所でさえも、種数種のサルや数種のリスなどに良く会えますし、運がよければ野生のゾウやシカ、イノシシ、テン、ヤマアラシなども見かけます。

 この3月には、タイに来ていた『仲良し夫婦de蝶ブログ』のヒナ&ミーさんご夫妻と車で移動中に野生の豹にも出会いました。

 もうあと10日ほどで、タイは暑季から雨季へ。ますます、動植物、昆虫が活き活きとしてくる季節に入りさらに多くの動物、昆虫に会えるかなと思っています。

 今日、明日はそうした時期を前にちょうどメイ・デイの会社の休みの日に、この国立公園で出合った可哀想な動物達の記事です。

 まず今日は、交通事故にあった、
カニクイマングース(Herpestes urva、英名:crab-eating mongoose)
です。

 朝、車に轢かれたのか、道路脇でうずくまっているカニクイマングースに出会いました。
 頬の下の白い帯が特徴の中型のマングースです。
 体長は80cmほどでした。

 車を止めて降りてみると、ちょっと歩きますがヨタヨタというよりフラフラのほうが近い状態でした。
 ちょっと動くとまたうずくまり、かなり弱っていて、今度は頭も上げていられないくらいでした。
 少し撮影させてもらった後に、捕まえてジャングルに連れて行きましたが、その後も生きていられたかどうかは分かりません。

 このところ、この公園も物凄く行楽の車が多くなってきました。 
 今後も、こうした野生動物が車に轢かれるケースは多くなるでしょうね。

 今日は、まず以前撮影してあった元気に歩く姿(元気が良いと近寄れません)
 その後に、メイ・デイに撮影した、可哀想な子です。

3S1_4596.jpg
<10Jul'2011, Petchaburi, D3S>

3S1_4608.jpg
<10Jul'2011, Petchaburi, D3S>

801_7857.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800>

801_7862.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800>

801_7868.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800>

801_7874.jpg
<01May'2013, Petchaburi, D800>

関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/20(月) 17:20:14|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<親にはぐれたシロマブタザルの赤ちゃん その1 | ホーム | アカホシイナズマ その3 in Petchaburi>>

コメント

ピーミィさん こんばんは

可愛らしいけど可哀想ですね。
この後復活してたら嬉しいです。
野生の生き物は自然界で命を全うしてほしいので、
できるだけ車の事故に遭わないように皆で気をつけて欲しいですね。 ヒナ

偶然出会った事故をした子(動物)や、怪我してる子、途方に暮れてる動物などを見ると胸が痛みます。何もできないのに「どうしよう、どうしよう」っとオロオロします。
この子は、ピーミィさんの手で、人目や天敵の眼に触れにくいジャングルに戻れたんですね。
自然を守ることと、人の便利な生活って、難しい問題が一杯な気がします。  ミー
  1. 2013/05/20(月) 23:11:38 |
  2. URL |
  3. ヒナ&ミー #.ciQz8fI
  4. [ 編集 ]

ヒナさん、ミーさん、おはようございます。

 残念ながら、その後の消息は分かりません。
 肉食獣が捕まえたとしても、道路近くで食べないでそれなりの場所に持って行って食べるようですし分かりません。
 ただ私的には、肉食獣や大型爬虫類の餌になって頂くのが、自然の連鎖を乱さなくてよいのかと思っています。
 人にいじくられるのは避けましたが、天敵に襲われるのは自然の摂理に近いかなと思いました。
 ところで、今日、明日の記事はもっと切ない記事です。
 読む前に、ハンカチを用意しておいてください。
  1. 2013/05/21(火) 07:51:52 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1262-d4b6d643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。