ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムモンアシナガシジミとその幼虫? in Khao Yai

2013年08月28日(水)
 今日は、日曜日からのシロテテナガザルや昨日のおばあさんゾウを撮影したカオヤイ国立公園内のトレイルの入り口周辺で撮影した、
ムモンアシナガシジミ(Allotinus unicolor rekkia、英名:The Unicolored Darkie)
と多分その幼虫です。

 アリのたくさんいる葉先つまり幼虫の餌のアリマキがいる草葉の先などに産卵するため、よくアシナガシジミの仲間のメスが産卵場所を探して周回している姿を良く見かけます。

 この時も、この子とマルスアシナガシジミの仲間が2~3種周囲を周回していて、この子が停まりました。
 産卵かと思って撮影しました(今日の1枚目)が、幼虫、アリマキ(アブラムシ)、蟻が写っていました。

 幼虫はアリマキを食べていました。
 アシナガシジミの仲間の幼虫であることは確かだと思いますが、このムモンアシナガシジミの幼虫かどうかは確信がありません。

 最初の1枚目と1週間後に撮影した最後の2枚、ムモンアシナガシジミの成虫は産卵ではなく口吻をアリマキのところに伸ばしています。
 もしかしたら、アリマキの甘い分泌物を舐めているんでしょうか?


<18Aug'2013, Khao Yai NP>


<18Aug'2013, Khao Yai NP>


<18Aug'2013, Khao Yai NP>


<18Aug'2013, Khao Yai NP>


<18Aug'2013, Khao Yai NP>

 1週間後に、また近くで撮影した成虫です。
 この時も近くをマルスアシナガシジミの仲間のメスと思われる個体2,3種が周遊していました。

<25Aug'2013, Khao Yai NP>
 口吻を名橋ています。

<25Aug'2013, Khao Yai NP>
 口吻の先にはアリマキがいます。

 
関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/28(水) 17:20:09|
  2. その他のシジミチョウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ツノゼミと蟻 in Khao Yai | ホーム | 野生のゾウ in Khao Yai>>

コメント

吸蜜

以前、チャンタブリ県で、エビアシシジミがカイガラムシとアリの集団の所にとまり、やはり口吻を伸ばして蜜を吸っているような状況を観察しました。
その際の写真を某SNSサイトで投稿しましたら、専門家(あえて名前は出しませんが)曰く、カイガラムシの分泌する甘露を吸っているとの事。

このムモンアシナガシジミとアリマキの関係も同じなんでしょうね。

という事は、成虫は幼虫に対して
「私の吸う蜜が無くなるから、アリマキ食べるのもほどほどにしなさいよ!!」
と常に注意、指導をしないといけませんね^^
  1. 2013/08/29(木) 12:13:43 |
  2. URL |
  3. うしやん #kiAJks0k
  4. [ 編集 ]

うしやん、こんにちは。

成虫はやはりアリマキの分泌物を吸っているんでしょうね。
一方、幼虫ですがボルネオにいるエビアシシジミの仲間はツノゼミの幼虫を食べるようですが、私はタイではそういうシーンを見たことがありません。
この幼虫たちもアリマキを食べていましたし、この草にツノゼミはいませんでした。一方、直ぐ近くのこの記事の翌日の記事(返信コメントを書いている間にUPされました)のツノゼミの集団が居た木にはシジミの幼虫は居ませんでした。
 サンデーカメラマンで幼虫が成虫になるまでを見れないので、こういうのって調査できなくていつも悔しい思いをします。
 ところで、親会社は子会社(特に海外)に対して愛情をたいして注いでくれないようですが、生き物の世界では親は子供に最大限愛情を注ぐので、ここは『私の吸う分が無くなっても良いから、たくさん食べなさい』って言うのが正しいように思いますがいかがでしょう?
  
  1. 2013/08/29(木) 19:37:08 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

なるほど・・・

親(大人)の愛ですね。確かに成虫は移動する能力が有るのでそうすべきですよね。
アリマキも驚くべきスピードで増えるようなので我々が心配するような事も無さそうですが・・・^^
  1. 2013/09/02(月) 13:16:11 |
  2. URL |
  3. うしやん #kiAJks0k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1365-79c7b67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。