ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トラフタテハ in 師走のPetchaburi

2013年12月14日(土)
 昨日はサラブリの青トラフでしたが、今日はペブリの青トラフ、
トラフタテハ(Parthenos sylvia ssp.、英名:The Clipper)
です。

P.sylvia sspとしたのは、今日の写真の後半の翅切れがやや小振りで前翅表の外縁の色が濃く、また青い虎斑の青も緑が抜けた感じに見え、P.sylvia lilacinus に思えたからです。
 私の図鑑ではちょうどタイとミャンマーがマレー半島を分けている辺りが、亜種P.sylvia apinica と P.sylvia lilacinus の分岐点になっていて、ペブリの山岳地帯は両亜種が混在してもおかしくなさそうだというのもあります。

 昨日の子をサラブリで撮影した翌日曜日にペブリ県の山岳地帯の国立公園に。
 ペブリ県もとても気温が低く、公園内のいつもの探蝶ポイントでは午後1時になっても、午後2時になっても19℃。
 帰りに公園ゲートでやっと23℃。
 今までこの公園にきた中では最も寒い日かも知れませんでした。
 やはり天気は良いのに、蝶は少なくこの日もイシガケチョウの仲間が目立ったくらいでした。

 山岳道路の途中に1枚目の写真のカッコウアザミ様の花が咲いていて、さらにその上の木が小さな白い花をたくさんつけていて、30分ほどの間に3頭のトラフタテハがやって来て占有バトルを繰り広げていました。

 最後にバトルに勝ったのが最後の3枚の写真の翅切れの個体でした。
 百戦錬磨の古兵(フルツワモノ)と言った感じでした。


<08Dec'2013, Petchaburi> 以下同左







 ここから後は、最後にやって来てそれまでいた翅の綺麗な子達を蹴散らして居すわった兵(ツワモノ)です。
 この子がやって来た後は、他の子が飛んで来てもすべて追いかけ回されてお最後は追い払われていました。






関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/14(土) 17:20:11|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トビイロベニホシイナズマ in 師走のPetchaburi | ホーム | トラフタテハ in 師走のSaraburi>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1454-ee7f6407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。