ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナツメシジミの交尾 in Kaeng krachan NP

2014年01月15日(水)
 今日は、今年になってから撮影した蝶の最初の記事で、
ナツメシジミ(Castalius rosimon rosimon、英名:The Common Pierrot)
の交尾です。

 先週土曜日に、年が明けて初めて出かけたKaeng Krachan国立公園で撮影しました。

 何となく居心地が悪かったのか、交尾姿勢のまま地面すれすれをあっちへ行ったりこっちへ来たりしていたので、間atんに目に付きました。
 珍しくオスもメスも新鮮で翅の綺麗な個体でした。

 撮影場所は違いますが、どの写真も同じカップルです。

 この日も年末から引き続き気温が低く、チョウはさっぱり。
 その上、昨年12月の『昆虫と自然』の臨時増刊号に提供した原稿で解説したこの国立公園の蝶の集団吸水ポイントは、この年末年始に重機が入って滅茶苦茶になっていて、新年からいきなり気落ちさせられてしまいました。
 毎年毎年、確実にこの公園内の蝶見の環境は悪化しています。


<11Jan'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左









 以下は、悲しい状況になったクリークと未舗装道路が交差する集団吸水ポイントです。
 まずは、第2クリークの北東側、一昨年ウスキシロチョウとマルバネイシガケチョウの巨大吸水集団が見れた場所です。
 先週末は写真のように、岸は大きな岩がゴロゴロした状態、クリークはシャベルカーでやや深く掘られ、クリークと道路が交差するところは、車が通り易いようにクリークの川床に砂利が入れられて前後のクリークの流れよりやや高くされていました。


 こちらは第3クリーク西の岸。
 同じように、交差地点の上流側を掘って、その砂利出交差地点を埋めて車を通り易く改造。
 そのため、4月になると日が当っていろいろな蝶が集まった混成集団休止が見られた場所は水没。

 さらに上にあるキャンプ場に車を行きやすくするために、いろいろとやってくれちゃいますね。

 国立公園局が、増大する経費の一部を自前で調達するために国立公園の入園料を値上げすることになっていたのを、一昨年の暮れに方針変更で、キャンプ客を初め行楽客をたくさん入場させて、入園料収入を上げようと方針を変更したことによります。
 国立の自然公園で、現在世界自然遺産に登録申請準備中とはとても思えない手の入れ方で、自然を楽しむ人よりも行楽客にたくさん入ってもらうような森の改造や人工物の設置が目に付く昨今です。
 冒頭の『昆虫と自然』の昨年12月臨時増刊号で矢田 脩先生が、『奇跡』とお書きになっていたここの環境も長くもたないかもしれません。

 すでに世界自然遺産の一部になっているカオヤイ国立公園も同じようにこのところ行楽客やキャンプ客でいっぱいで、公園内で車の渋滞が発生するくらいになっています。

 大幅に入園料を値上げしてくれていたら、入園する現地の行楽客も減り、環境も保護されて一石二鳥なんて考えるのは、この地では必然的に高所得者なってしまう我々駐在員だけでしょうか・・・



関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/15(水) 17:20:35|
  2. その他のシジミチョウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ミドリカワトンボ in Kaeng Krachan NP | ホーム | クロタテハモドキの交尾 in khao Yai NP>>

コメント

ピーミィさん こんにちは

初めてピーミィさんのブログを訪問した時、蝶の集団吸水を見て夢のような光景!!と驚いた私にとって、集団吸水のスポットが減ってゆくのは悲しいです。
  1. 2014/01/16(木) 16:01:45 |
  2. URL |
  3. ミー #.ciQz8fI
  4. [ 編集 ]

ミーさん、こんばんは。

私も悲しいです。
この公園も、カオヤイも蝶を目当てに訪れる人はごく少ないですから、ここが蝶屋にとって楽園だなんてだれも考えてくれないですね。
  1. 2014/01/16(木) 19:56:47 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1481-f35c783f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。