ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

暑季のチョウの集団吸水 in Kaeng Krachan その4

2014年05月29日(木)
 今日は、昨日の記事の4日後と2日後に撮影した蝶の集団です。

 まずは4日後の写真から。
 
 昨日の記事で、クリーク沿いの吸水ポイントでもこの暑い時期になると、モンキアゲハの仲間やナガサキアゲハ、クロアゲハなど黒系アゲハは直射が当たらずまだ気温の低い朝方に来ており、直射日光が当たり気温も高くなる昼前後には森に戻っていくと書きました。
  まず、昨日の記事の最初のほうの大吸水集団ができていた場所の、午前10時台の様子から。

<05May'2014 10:08, Kaeng Krachan NP>
 モンキアゲハ、オナシモンキアゲハ、ナガサキアゲハなどが他のチョウたちが集団を作る前から、クリーク沿いの木漏れ日の当たるところで吸水していました。
 木が風で揺れると日が当たったり翳ったrするところです。


<05May'2014 10:08, Kaeng Krachan NP>


<05May'2014 10:48, Kaeng Krachan NP>
 10時台も後半になり、その場所に日が当たるようになると、シロチョウやミカドアゲハも集団を作り始めました。
 その後は、黒系の子達は飛んでいって、昼前には昨日の記事と同じような集団になりました。
 この日も、このあたりで気温は32℃まで上がりました。


<05May'2014 13:19, Kaeng Krachan NP>
 30℃を超える午後でも、この写真のようなクリークの上流にできた、木漏れ日が当たる程度の涼しい河原では黒系アゲハも吸水を続けていました。

 今日2つ目は昨日の記事の2日後に撮影した写真。
 
 25日の吸水集団の記事の写真を撮影した場所の5月初めの午後3時前後の様子です。
 山間でこの時間になると、日の当たるとこで吸水していたミカドアゲハやシロチョウたちも、みんな家路につきますが、その後にできる大集団が、ヒメウラナミシジミ属(Prosotas)の小さなシジミチョウたちの大集団です。


<03May'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左













 
関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/29(木) 17:20:34|
  2. 集団吸水
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コノハチョウ in Kaeng Krachan | ホーム | 暑季のチョウの集団吸水 in Kaeng Krachan その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1545-bba119cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

Facebookページ

Facebookページを作りました。 気に入ったら、「いいね!」ボタンをクリックして下さい。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード