ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カクモンシジミ in Chiang Mai 2014

2014年08月11日(月)
 今日は、昨日の記事の最後の写真の右下にも写っていた、
カクモンシジミ( Leptotes plinius, CN:The Zebra Blue)
です。
 
 4月の水かけ祭り(ソンクラーン)休みの初日、朝にチェンマイ到着後に最初に向かったのが昨日の記事の最後の写真の場所です。
 途中でピックアップしたチェンマイ在住のIさんが、まず案内してくれました。
 すでに2月にここを訪れて、タイ中部では見たことの無いチョウの写真をたくさん撮っていた『タイの自然と風景2』のカオヤイさんや友人のKYさん達の記事や話から期待はしていましたが、まず着いてびっくり。
 この広場の水に濡れた地面にこのカクモンシジミがびっしり集まって吸水していました。

 タイ中部にも居ますが、ヒメウラナミシジミ(P.nora)やチビウラナミシジミ(P.dubiosa)が集団で吸水しているところに時々1頭、2頭と混じっているくらいです。
 でも、この日何百何千といたカクモンシジミですが、3日後にバンコクに戻る前に訪れた時はこの日のような塊は見れませんでした。


<12Apr'2014, Chaing Mai> 以下同左


 写真中央と中央下やや右に見える尾状突起のあるやや大型のシジミチョウはムラサキオナガウラナミシジミ(Catochrysops strabo)。 
 写真中央下側のC.straboのやや左の小さくて尾の無い地味な斜めの3頭とこちら向き2頭はチビウラナミシジミ(P.dubiosa)、さらに左のやや中央寄りで後翅前縁に黒い点の二つあるやや傾いて止まっている小さなシジミはAzanus urios(CN:The Siam Babul Blue)











関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/11(月) 17:20:19|
  2. ウラナミシジミの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Azanus urios in Chiang Mai 2014 | ホーム | Tongeia potanini in Chiang Mai 2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1619-c7a74c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。