ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハルカゼアゲハ(Graphium mandarinus fangana) in Chiang Mai 2015

2015年04月19日(日)
 昨日、一昨日の子達を撮影した一週間後に再度Chiang Maiを訪れて撮影したもう一つの亜種、
ハルカゼアゲハ(Graphium mandarinus fangana, CN:Spectacle Swordtail)
です。

 一昨日の亜種との違いは、見た目でも写真でも分かりません。

 昨日の子の撮影地よりもさらに北のビルマ国境の山塊の標高約1,600m地点、先週の記事のオオクジャクアゲハを目の前で撮影できたクリークの近くで撮影できました。

 最初は、明日紹介のそっくりなアサクラアゲハと一緒にやって来て、2ショットを見せてくれました。
 その日の午後、オオクジャクアゲハを撮影した後に移動した先では10頭前後の2つの集団になって吸水する姿を見ることができました。
 

<21Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左
 右下がここのハルカゼアゲハ。 左前のやや大きめに見えるのはアサクラアゲハ。


 翅を開いているのがハルカゼアゲハ。


 翅を開くとハルカゼもアサクラも違いが分かりません。


 左がアサクラ、右がハルカゼ。










 左がハルカゼ、右がアサクラ。
 やはりアサクラのほうが心もち大きいですね。


 近くの別の場所へ移動したら、10頭を超える吸水集団を見れました。
 右奥2頭目は、明らかにアサクラアゲハ。
 手前から2頭目の左側と6頭目もアサクラアゲハかもしれません。


 もう一つ集団が。
 こちらはすべてハルカゼアゲハのようでした。



関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/19(日) 17:20:52|
  2. アオスジアゲハ族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アサクラアゲハ(Graphium eurous) in Chiang Mai 2015 | ホーム | アサクラアゲハ(Graphium eurous inthanon, CN:Sixbar Swordtail) in Doi Inthanon 2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1759-a25e91fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。