ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オオムラサキワモンチョウ(Stichophthalma godfreyi) in Kanchanaburi 2015 その1

2015年06月02日(火)
 本年3月の『白虎』に続き、4月のソンクラン(水かけ祭り)休みは、憧れのワモンチョウ属( Stichophthalma )を撮影にKanchanaburi県の奥に行くことを計画しました。
 急遽参加できなくなったIさんを通して、テングアゲハのTingさんから、彼らの30年来の友人で現地在住の Sudjai さんをガイドとして紹介いただき、結局『タイの自然と風景2』のカオヤイさん、バンコク在住の同い年のKYさん、私の3人で現地に向かいました。

 当初不安でしたが、Sudjai さんも張り切ってくれて、目的の Stichophthalma 2種を撮影することができました。

 ガイドをしてくれたSudjaiさん、残念ながら参加できなかったIさん、そしてTingさん、ありがとうございました。

 今日はまず、最大の目的だった、
オオムラサキワモンチョウ(Stichophthalma godfreyi, CN:The Godfrey's Junglequeen)
です。

 1980年に「やどりが 101,102号(1980)」に木村勇之助氏が寄稿した『ゴッドフレイワモンチョウ採集記』に、採集前には氏が「・・殆ど神話めいていて、・・・私には高嶺の花ともいえる珍蝶に思えた。・・・」と記されたチョウです。

 私も図鑑を見ては、いつもため息をついていた憧れのチョウです。

 薄暗いクリークの上をフワリフワリと優雅に渡る姿は、まさに英名の「ジャングルの女王」でした。
 翅表にちらりちらりと見える妖しい青紫に大いに興奮しました。

 同じ所にも居た Stichophthalma louisa louisa (明後日紹介予定)と異なり、S.godofreyi はクリーク沿いでしか見られませんでした。
 << 続きを読む >> 以下に紹介の食草の関係かもしれませんね。

 今日は主に翅を閉じた姿、明日は翅を開いた姿をたっぷり紹介します。 


<Apr'2015, Kanchanaburi> 以下同左
 右手前に見える、やはり大きく白っぽいチョウは、S.louisa








 2頭の S.godfreyi に挟まれたやや白っぽいのはS.louisa


 上に居るやや小さな子はコノハチョウ(Kallima sp.)
 大型のタテハチョウであるコノハチョウがこんなに小さく見えます。












**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン



 Sudjai さんが教えてくれた S.godfreyi の食草。
 昨年北タイで撮影できた S.louisa ssp. の食草である麻竹のなかまの太さが10cm前後もあったバンブーから見ると細く、直径わずか5cmほどのバンブー。
 クリーク沿いにしか生えておらず、上の斜面や山の上にも生えていた S.louisa の食草と思われたバンブーに比べ生えるところを選んでいて、植数も少し。
 このバンブーがクリーク際にしか生えていないのが、 S.godfreyi S.louisa と違ってクリーク沿いで見られない理由かもしれません。




 クリーク周囲の環境です。






 クリークは石灰岩の上を流れており、多段の滝ができていました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/02(火) 17:20:19|
  2. ジャノメ、ワモンチョウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オオムラサキワモンチョウ(Stichophthalma godfreyi) in Kanchanaburi 2015 その2 | ホーム | ビャッコイナズマ(Euthalia byakko) in Phetchabun 2015 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1794-578a28b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。