ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルリタテハ(Kaniska canace) in Nam Nao NP 2015

2015年07月30日(木)
 今日は、きのうのキゴマダラを撮影したのと同じNam Nao 国立公園内の岩だらけのクリークで撮影した、
ルリタテハ(Kaniska canace canace , CN: The Blue Admiral)
です。

 タイ中部でもそれほど珍しいタテハではありませんし、あまり翅の綺麗な個体には会えなかったのですが、5月に何回かこのクリークのポイントに行くたびに、毎回同じ場所にほぼ同じ時間に現れるので撮っておきました。
 7月になって再度訪れると、個体は代わっていましたが、後継者がきちんと同じ場所に同じ時間に現れてくれました。

 山間の岩を削って流れるクリークで、両岸にはに崖や山が迫り河原がありません(写真3枚目)。
 午後3時にもなると道路を交差させるために、周囲を削って広くしたところ以外は木漏れ日程度しか陽が射さなくなってしまいます。

 午後3時半を過ぎると、吸水にクリークに降りて来ていたチョウ達が林に戻り出し、周囲のチョウが一気に減ってきます。
 そして、クリーク内の日がまだ当たるむき出しの岩の上に、毎日ルリタテハが飛んできては翅を広げました。
 大体午後3時半から午後4時半くらいに、5月末も今月初めも、少なくとも1頭は来ていました。

 必ず下流から矢のように飛んできては、陽の当たる岩の上に止り、すぐに翅を広げていました。


<May, Jul'2015, Nam Nao NP> 以下同左




 正午直前のクリークの様子。
 むき出しの岩のくぼみを水が流れています。
 河原は無く、両側に崖や林が迫って、陽の当たるところは限られています。
 3時過ぎには、ほとんどのところに陽が当たらなくなっていました。









 



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン













関連記事
スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/30(木) 17:20:07|
  2. その他のタテハチョウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダルリサマダラジャノメ原名亜種(Penthema darlisa darlisa)オス in Kanchanaburi 2015 | ホーム | キゴマダラ(Sephisa chandra)のメス in Nam Nao NP 2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/1854-cac95251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。