ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムラサキイチモンジ - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その9

2011年11月05日(土)
 昨日夕方でバンコク中心部まであと8Kmと迫った洪水。
 今夕は、あと6.5Kmまで近づきました。

 今日は11月最初の休み。
 当初から11月最初の休みは7月から先月まで雨期閉鎖だったぺブリ県の山岳地帯の国立公園に行こうと決めていました。
 バンコクのチャオプラヤー川西岸地域は、王宮や官庁、商業や経済の中心地のある東岸の犠牲になる形で洪水被害が拡大しています。
 今朝の段階で、ブッタモントン・サイ4、ペットカセーム通りが冠水で通行止め、唯一西へ行ける首都高速ダオ・カノン線からラマ2世通り(いつの間にか全線トンブリ-パクトー・ハイウェイから名前が変わっていました。)へ進む道もあと数日の命と聞いたら、行かなきゃいけません。

 ということで、今日ぺブリ県の山岳地帯の国立公園に3か月半ぶりに行ってきました。
 昨年やはり、11月の最初の休日の6日に訪れましたが、その時は公園ゲートを入ってすぐの貯水池の水が満々としていましたが、今年は例年の2月くらいの水量しかありません。
 今年の正月いつもカワセミが相手をしてくれた道路を挟んだサブ池の方はほとんど水がありませんでした。
 雨期明けから2週間で干上がるわけはないので、北部、中部大洪水の教訓で水門を早めに開けてしまったんですね。
 そうすると、この地域の下流は来年前半は水が足りなくなって大干ばつが必定ですね。
 たぶん永遠にここの方たちは、適度に管理するということができないんでしょうね。
 貯め過ぎて、雨期の最後で水門を開けると下流が大洪水、貯めなさ過ぎれば、乾期に干ばつ。
 タイは本当に治水が難しいと今日の貯水池の水量を見て感じました。

 ところで、山はすでに乾期入りして2週間以上が過ぎ、乾燥落葉樹はかなり葉を落とし始めていました。
 道路わきの草も水枯れし始めていました。

DX5_2586.jpg
<11/11/05撮影 ぺブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>

=========================  
本題です。
 今日は、
ムラサキイチモンジ(Parasarpa dudu dudu、英名:The White Commodore)
です。
 
 翅表はリクイナズマに似た地味な一文字というよりV字に近い地味な色合いと模様ですが、裏面は紫がかった渋い茶色の地に灰白色の部分が広がり、そこに白い帯が走ると、なかなか表現が難しい色合いになっています。
 この裏面の色合いと模様は、大変気に入っています。
 
 そう数は多くなく、木の高いところに停まってなかなか下りてきてくれませんが、会えば必ずレンズを向けてしまいます。

昨年のカオヤイのムラサキイチモンジの記事

3S1_9280.jpg
<11/10/02撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S1_9276.jpg
<11/10/02撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3S1_9278.jpg
<11/10/02撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

 続きには今年8月に撮影した、ムラサキイチモンジの写真を載せています。



**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン


FX3_6591.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

FX3_6593.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

FX3_6595.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

FX3_6596.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

FX3_6599.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

FX3_6602.jpg
<11/08/21撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵 - ムラサキイチモンジ in Khao Yai 2011 でご確認ください。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/05(土) 17:20:27|
  2. イチモンジチョウ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<洪水情報(11月6日) | ホーム | チャイロイチモンジ(オス) - カオ・キァオ周辺のイチモンジチョウ2011 その8>>

コメント

こんばんは。

洪水が少しずつ迫って来るのは滅入りますね。
なんとか被害がこれ以上拡大せず、現地の皆さんの日々の生活が早く戻ればと願わずには入られません。

イチモンジチョウ族はどれも裏翅の模様が凝っていますが、ムラサキイチモンジも灰色が混じってとても綺麗ですね。
灰色は蝶の色ではあまり見ないようで新鮮です。

ハクバのディフューザーを使って蝶を撮ってきました。
E-5にもジャストフィットではありませんが、問題なく装着できました。
効果はやはりすごく良いです。
次回の記事はそのテーマにしますので、
お構いなければ感想などいただければ、嬉しいです。 ヒナ

ピーミィさん こんばんは。
回復に向かっていれば何日続いても頑張っていられそうですが、迫りつつある状況を見守るのは本当に疲れそうですね。ピーミィさんの会社の事務所に実害がないことを願っています!
私もムラサキイチモンジは裏翅が渋くて綺麗(ちょっと相反する表現ですが)です。  ミー
  1. 2011/11/05(土) 22:19:28 |
  2. URL |
  3. ヒナ&ミー #.ciQz8fI
  4. [ 編集 ]

ヒナさん、ミーさん、こんばんは。

 イチモンジ蝶と名のつくタテハの中では奇麗なタテハで、おっしゃる通りその裏面の色と模様にいつも見入ってしまいます。
 日本人の感覚では紫と言うより小豆色のほうが近いかもしれません。
 ところで洪水、毎日最前線を見に行っていますが、我々の事務所の通りは一日に数百メートルで近づいています。 この先、到達するのか、収まるのか、イライラもピークに向かって進行中です。
  1. 2011/11/06(日) 20:24:26 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/673-ec0e6cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。