ピーミィの写真散歩

タイ、東南アジアのネイチャー関係の新記事は『Naturing Thailand』 ( http://naturingthailand.blog.jp/ ) に引っ越しました。 こちらのブログでは主に遺跡などネイチャー以外の写真を紹介していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セキレイシジミ2種とその違い

2012年01月14日(土)
 今日は、
フシギノモリノオナガシジミ(Drupadia ravindra boisduvalii、英名:The Common Posy)

テダセキレイシジミ(Drupadia theda fabricii、英名:The Dark Posy)
です。

 同じ日の同じ時間帯に撮影できて、やっと違いが実感できました。
 どちらもカオヤイ国立公園のキララ第1ポイントでの撮影です。

 偶に、キララ第1ポイントの前後の道路沿いで1、2頭見かけることがありましたが、この日は特にD.ravindraのオスが数頭テリ張りバトルとディスプレーを繰り返していました。 時間は10~12時くらいです。

 D.thedaのほうがやや大柄で翅の形は丸みを帯びている感じがするのと、ややくすんだ色をしています。
 違いのポイントは、以前「Lepido and Scales」の acraeoidesさん に教えていただいた
 『一番確実だと思われる形質は、後翅裏面肛角部付近のV字になっている斑紋だと思います。図鑑を見ていただくと判りますが、この部分が細いのがravindra, 太くて確実に中抜けしているのがthedaという風になっている』
です。

 メスは、翅の表裏の模様や色が、D.ravindra のほうが、コントラストがあって鮮やかで、D.theda はややくすんだ感じがします。 
 ただ、D.theda のオスは翅表の全面が紫で美しいと聞きますが、まだ拝んだことがありません。
 このオスもぜひ拝みたい候補の一つです。

 私の経験からですが、タイ中部では D.ravindra のほうがはるかに数が多いように思います。
 別々に撮影しただけでは、やはり老眼にはどちらがどちらか、分からなくなってしまいますね。

 まずは、D.ravindra です。
 最初の2枚は、カオヤイのオスです。
 開翅の写真は明日UPします。
 今日は、2種の異なるポイントに絞って写真をUPします。
 後翅裏面肛角部付近のV字になっている模様に注目して置いて下さい。
3S2_1252.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3S2_1258.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

 次の写真は、ぺブリ県で撮影したD.ravindra のメスです。
3S0_2355.jpg
<11/02/05撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

 この後の2枚が、D.theda です。
 次の写真は、今日1枚目の、D.ravindra のオスと同じ日に同じ所で撮影したD.thedaのメスです。
 後翅裏面肛角部付近のV字の2本線の間が太くなっています。
 他の模様も細かいところで違いますね。 
 色はD.ravindraに較べるとくすんだ感じがします。 
FX3_9570.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

 最後の写真は、前の写真の1週間前に同じところで撮影してあった D.theda のメスです。
3S2_0888.jpg
<11/10/30撮影 カオヤイNP D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>
 この子を撮影した時は、やや大きめだけど尾状突起も欠けているし、色もくすんでいてあんまり綺麗な D.ravindra じゃないなと思ってしまい写真はほおっておきました。
 1週間後、あれ、もしかしてと思ってみたら、D.theda でした。

関連記事
スポンサーサイト


**  今日もご覧いただき、ありがとうございました。  ** 
** 以下をポチッと押していただくと、励みになります。 **

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/14(土) 17:20:16|
  2. その他のシジミチョウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<フシギノモリノオナガシジミ in Khao Yai National Park | ホーム | シロホシアオシタシジミ>>

コメント

ピーミィさん こんばんは

今日の子は見た目が豪華ですね♪
和名のフシギノモリノオナガシジミもセンスを感じます。
D.ravindraとD.theda は解説がなければ全く同じ
種に見えました。ですが、こんな私でもピーミィさんの説明通り
に後翅裏面肛角部付近のV字の違いが判り嬉しくなりましたv-290
  1. 2012/01/14(土) 22:02:51 |
  2. URL |
  3. ミー #.ciQz8fI
  4. [ 編集 ]

ミーさん、こんばんは。

 最初は私も違いが分からなくて間違えた名前で記事UPし、記事にも書いたacraeoidesさんに教えて頂いた次第です。
 採取して標本にして同定と違い、生態写真だけでの同定って限界があるし難しいですね。
  1. 2012/01/15(日) 02:37:36 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

なるほど

こうして解説していただけると良く判ります。
では、D.thedaのオスを探しにペブリに行くことにしました。
多分見つからないでしょうが、、、
  1. 2012/01/15(日) 07:25:22 |
  2. URL |
  3. カオヤイ #YrgyjF6k
  4. [ 編集 ]

サワディ~カ~

シジミ蝶にも沢山の種類があるのですね、きっと、見てもわからないだろうなぁ、;;
  1. 2012/01/15(日) 11:12:41 |
  2. URL |
  3. takoome #hG7ZF4t.
  4. [ 編集 ]

カオヤイさん、こんばんは。

 実際見てみると、後翅裏面肛角部付近のV字よりも、翅表の前翅翅端部のこげ茶の部分の形が違うのが透けて見えるので、あれ違うと分かります。
 V字は撮って帰って見ないと私の老眼ではカメラの液晶上で確認できないのでフィールドではなんとなくしか分かんないです。
 私もぜひテダのオス見てみたいので、がんばってください。
  1. 2012/01/16(月) 00:28:00 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

takoomeさん、こんばんは。

 シジミチョウは南極大陸を除く全ての大陸に分布しており、6,000種がいるといわれています。全世界に15,000-20,000種いる蝶のうち、実に40%ほどをシジミチョウが占めていることになります。
 タイでも、ウラナミシジミの仲間のように見てもすぐに違いがよく分からないシジミチョウもいますが、今日の2種は少なくとも色も模様も尾をなびかせて飛ぶ姿も他のシジミチョウとは違うということは見た人は誰でも分かりますよ。
 
  1. 2012/01/16(月) 00:43:24 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #5WB83oIA
  4. [ 編集 ]

確かに仰るようにインドシナではthedaよりもravindraの方が多く見かける気がしますね。
マレー半島やボルネオまで行くとこれが逆転するので、面白いです。
  1. 2012/01/16(月) 15:28:15 |
  2. URL |
  3. acraeoides #aCXfCcIc
  4. [ 編集 ]

acraeoidesさん、こんにちは。

 今日の写真の個体のうちカオヤイのD.ravindraも後翅の外側半分以上の斑紋が中抜けです。
 一方、ペブリのメスの個体もV字は中抜けですが、V字の内側は下側は黒くなっています。
 以前シンガポールで見たD.ravindraはすべての斑紋が真っ黒で逆にびっくりしました。
 ペブリもみんな黒いと思っていたのですが、今日の3枚目を見ると思ったほど黒くないのもいて難しいですね。
  1. 2012/01/16(月) 16:23:05 |
  2. URL |
  3. ピーミィ #2vPcgnIw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naturingthailand.blog89.fc2.com/tb.php/761-ba3cdac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ピーミィ

Author:ピーミィ
タイに10年以上駐在しているときに主に訪れた東南アジア、東アジアの遺跡や名所旧跡、風景を写真で紹介します。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。